日本人女性ではかなり多くが真っ直ぐな足では無いという傾向にある

一つの美容対策アイテムが人気だと言いましても、そのアイテムが貴方の体質に合っているとは限りません。
人それぞれ効果が異なっていますので、もし可能でしたらエステなどに相談をされると良いかもしれませんね。 仕方の無いことですが日本人女性におきましては、かなり多くの人が真っ直ぐな足を持っていません。
その原因としましては、むくみや足の湾曲、また締まりの無い足首や筋肉の付き方などが挙げられます。
左足と右足の長さが異なっている場合は、立った時の姿勢が乱れてしまうために美しい足とはとても言えません。
立った時に右肩と左肩がどちらかが下がってしまっていると、これも真っ直ぐな足とは言えないのです。

 

脂肪が付いて太くなっている足でしたら、食事制限や適度な運動などのダイエットをして脂肪を燃焼することで足を細くすることが出来ます。
しかしダイエットだけでは完璧に脚痩せを実現することが出来ませんので、まずはむくみの改善や骨盤、腰のゆがみの改善などを行う必要があるのです。



日本人女性ではかなり多くが真っ直ぐな足では無いという傾向にあるブログ:17/9/21

減量を挫折する理由の
ナンバーワンともいわれる減量の停滞期!

停滞期を上手に乗り切って、
減量を成功させるためにも
停滞期の周期を把握しておきましょう。

減量の停滞期とは…

何らかの減量を行うことによって
今まで体質に蓄積されていた脂肪がなくなると、
体質は減った分の脂肪を補おうとします。

そうなると基礎代謝も下がってしまい
脂肪燃焼力も下がるので、
同じように減量を続けていても
体重が減らないといった現象が現れるわけです。

停滞期と減量期は交互に訪れますから、
停滞期の周期を把握して、
この期間にできるだけ代謝を上げるように
心がけることが大切になります。

停滞期の周期を把握するためには、
自分の体重減少状態はきちんとメモし、
グラフにしておくと良いでしょう。

停滞期には個人差がありますが、
一般的には
三週間〜ひと月前後が
周期といわれています。

停滞期は個人によって期間が違うので、
あせらず今までどおりの
減量を続けるようにしましょう。

停滞期に体重の変化を気にしすぎると、
ストレスとなり
やけ食いなどの原因ともなってしまいますよ。

せっかく減った体重が元に戻ったり、
それ以上にリバウンドしてしまっては
これまでの努力が水の泡!

停滞期と上手に付き合うことが
減量を成功させるコツですから、
自分の周期をしっかり把握しておきましょう。

減量を着実に続ければ、
停滞期と減量期を繰り返しながらも、
必ず目標体重に近付いていきます。

思うように体重が減らないからといって
減量を諦めてしまわないようにしましょうね。

嗚呼,いい気分